組み合わせ

 

 

 

とある患者さんから相談を受けた。

インフルエンザの予防接種後に体調悪化し、病院を受診したら、麻黄湯という漢方薬を出されたという。

インフルエンザの疑いがあったからだろうと思うが(麻黄湯はインフルエンザの時によく使われる処方)

麻黄湯以外に、カロナールという解熱鎮痛薬と抗生剤も出されたとの事。

簡単に説明すれば、麻黄湯は、風寒の邪が身体に影響して、

冷えの影響が強いために皮膚の毛穴が閉じて

気による、体を温める作用が働かず、悪寒と無汗を呈する症状に対して、

閉じた毛穴を開いて汗を出させて治す漢方薬である。

麻黄・桂枝という温める性質の生薬が冷えを散らす。

そもそも冷えの風邪になった場合は、基本的には発熱して発汗して熱が下がる。

それが風邪が治る正しい手順である。

せっかくその仕組みを助ける麻黄湯を飲むのに、

熱を下げるカロナールを併せて服用するのはいかがなものか。

極端に高い熱が続いて熱が下がらず、それによる脳への障害を防ぐ目的なら解熱剤もやむを得ないと思うが

高熱が出ていない患者さんに、何の説明もなく解熱剤を処方するのは???である。

更に抗生剤である。

悪い菌だけ攻撃してくれるなら良いが、抗生剤は免疫に働く腸内の細菌も死滅させてしまう。

体力のある人ならば良いが、そうでない人は抗生剤を飲んだらお腹を下したという人は少なくないと思う。

麻黄湯はもちろん、漢方薬は人体の治癒力・免疫力を利用するので

抗生剤で弱らせた体には、また別の漢方でなくてはならないと思う。麻黄湯ではきつすぎる。

インフルエンザに対して麻黄湯

インフルエンザ以外の何らかの細菌による風邪の場合も考慮して抗生剤

熱で辛くならないように解熱剤という、

「とりあえず考えられるもの全部に効くよう薬を出しとけばいいだろ」処方。

患者さんの身体の負担などお構いなし。ついでに国の医療費負担もお構いなし。

多くの医師がこんなことをたくさんの患者さんにやってたら、そりゃ医療費がめちゃくちゃかかりますわ。

いいんですかね、こんなんで???

 

 




ブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければバナーのクリックをお願いします。
真の東洋医学・伝統鍼灸の普及にご協力お願いします。

昨日は新宿へ

昨日、12月1日は北辰会の先輩である、竹下有先生の鍼灸院の開院10周年のお祝いでした。
鍼灸院の開院10周年で、新宿の高層ホテルのパーティールームで来賓をたくさん集めて・・・
すごい先生です。

講義で大勢の前で喋るのは慣れてるはずなのに、挨拶でめちゃめちゃ緊張する竹下先生(笑)

竹下先生の清明院は、たくさんのスタッフを抱えて往診事業も行い、自らは院内で難病に立ち向かい、専門学校で教壇にも立ち、様々な鍼灸学会にも参加して交友関係も広く、縦横無尽に動き回る超パワフルな先生です。
私にはとても真似できません。
最近は、順天堂大学の学生が作った東洋医学研究会で、医学部の学生に鍼灸医学の講義・体表観察の技術指導をされています。(これ、非常に凄い事です!)

こんな盛大なパーティーは無理だろうけれど、自分も開院10周年には、お祝いをしたいなぁと思いました。それだけ素晴らしいお祝いでした。
まぁ、やるとしたらお世話になった人達を呼んで、中華のフルコースだな(笑)

ブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければバナーのクリックをお願いします。
真の東洋医学・伝統鍼灸の普及にご協力お願いします。












10連休

0D62AE1A-CEB7-4759-9492-1F41A9010BCA


 



ブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければバナーのクリックをお願いします。
真の東洋医学・伝統鍼灸の普及にご協力お願いします。

 

10連休が始まりましたね。

しかし、東京は昨日から急に寒くなりました。

4月だというのに・・・。

先週は急に暑くなったのに、また急な寒さ。

今年は本当に気候の変動が激しいです。

天の気が狂えば、地の気・人の気も狂います。

訪問介護の仕事をしている患者さんが

「昨日(4月26日)は、精神疾患の人がみんな様子がおかしかった」と言っていました。

気候が暑くなっていたし、季節的にどんどん陽気が高まっていく時期のはずなのに

急に寒くなったために、毛穴が閉まって熱が発散されにくくなったのでしょう。

身体の中に熱がこもって、異常を呈しているのです。

こういう時は、地震や、事件・事故に注意したほうが良いです。

ここ最近、おかしな事故が続いています。

長い連休で遠出される方もいると思います。

十分に気を付けてお出かけください。